住宅ローンが苦しくて後悔してるパターンとは??実例から対策を紹介




あなたは住宅ローンの支払いが苦しい状態となり後悔していませんか?

この悩みは後悔しているのに住宅ローンの支払いは続きどうしたら良いかわからなくなってしまいます。

しかし、放置しているとどんどん酷く苦しく辛い生活になってしまいます。

今回はそんな問題を解決した方々の体験談をお送りします。

 

住宅ローンの返済が苦しく家を売る?の体験談1

質問

住宅ローンが苦しいので家を売るか検討しています。
2年前に4080万の家を購入しました。
頭金10万で総額4200万借入での購入です。

現時点では残金4000万となりました。

月々85000円、ボーナス時380000円 の返済をしています。

35年ローンです。

夫 31才 年収600万
妻 31才 専業主婦
子 0才
猫 1匹

先日、不動産にこの家の査定してもらったら、よくて3500万だと言われました。

その中から130万くらいは手数料で引かれます。

無謀すぎる買い物をしてしまったと今は後悔の気持ちでいっぱいなのです。

いま2000万前半で新しい家を探している最中です。仮に2500万で物件があったとして、2500万+200万(その他諸経費)+500万(前のローンの残り)=3200万

新たに3200万のローンを組むのは無謀でしょうか。

このままここでくらすべきか、少しでもローン額を少なくするために買い替えるか迷っています。

小さな子供もいるというのに後悔ばかりです。どうしたら良いのだろう。

回答

まず初めに、新しい住宅ローンは、今の住宅ローンを完済しなければ組めないのです。
3500万で売れても残りの500万は現金で支払い出来そうですか?

そこをまずは考えてください。
また、3500万の中古物件はそれなりの売りメリットが無くては
中々売れませんよ。

土地別の建物価格によってですが新築と変わらない値段では購入されないでしょう。
猫を飼っているので、それもマイナス点となってしまいます。

2年でも猫を飼ってた形跡は必ず残ってしまいますからね。

売り3200万で契約して不動産屋・司法書士・税金・引越し代金
その他掛かる費用を算出すると、あまり変わらないでしょう。

ファイナンシャルプランナーに相談するのが良いですが、ちょっと無謀かな、と思いますよ。

また後悔してしまいそうなので考え直してみてください。

住宅ローンが苦しく家計圧迫!後悔の体験談2

質問

住宅ローンの借り換えは無謀ですか?

変動金利から固定金利への借り換えを検討しているのです。
3年前の契約時に変動金利を選んだ事を後悔していて(金利がどれだけ変わるか分からず、オリンピックのことを考えると結果的にかなり上昇するのでは…という懸念から)借り換えるなら金利が下がっている今しかないと思っています。

月々の支払いがかなり苦しいことになりそうなのです。

【借り入れ残高】2250万円
【 夫】35歳。年収450~530万円
【 私】35歳。出産を機に派遣契約していた会社を退職。子供が小学校に入る頃パートで働く予定。
【子供 】0歳児が一人。今後増える予定はなし。
【 貯金】900万円

現在は変動金利0.675%で、月々のローン6万4千円ほどを支払っています。(ボーナス払いなし)

借り換えを検討しているのは2社です
30年の固定金利1.570%で、月々の支払い8万3千円ほど

もしくは、
22年の固定金利1.381%で、月々およそ10万円(22年以上となるとローンを組めないと言われました)

主人の給料は残業にかなり左右されています。

例えな残業ゼロだとすると手取り21万円ほどしかありません。

22年でローンを組んだ場合、給料の半分がローンに消えてしまうことになるので、貯金から450万円ほどローン返済に当て、借り入れ額を少なくしようかと考えているのです。
また、30年で組んだ場合は繰り上げ返済を念頭に入れています。
…ですが、どちらにしてもかなり家計を圧迫しそうで…。かといって変動金利の上昇は怖いし、どうすべきか分からなくなってきてしまいました。

回答

色々疑問なんですが、ちゃんとシミュレーションはしたのですか?
30年固定、1. 57%、2200万なら、月々の返済額は76000円くらいです。
なぜ83000円になるのでしょう。

2200万の借り換えで、諸費用は65万~70万かかります。
銀行のシミュレーションサイトでは登記費用がやたら安く出たりする銀行もありまます、今借りてる銀行の一括繰上返済手数料を含めたら、だいたい上記の範囲内です。

現在の月々の支払額から見て、残期間32年0ヵ月くらいかと推測します。
借り換えで期間が短縮されちゃうので必然的に金利支払額が減るのでシミュレーションしづらいですが、シミュレーションの前提条件として、現在のローンは残期間32年、残債2200万にして

・5年後に金利1%上昇し(1.675%)、そのまま変わらない場合
総支払額27290520円

・5年後に金利が1%上昇し(1.675%)、10年間継続。その後さらに1%上昇し(2.675%)残期間17年継続
総支払額28521990円

・5年後に金利が1.5%上昇し(2.175%)、完済まで継続
総支払額28786387円

・固定30年1.57%
総支払額27600174円
諸費用70万
合わせて28300174円

ちなみにですが、いったいどれくらい金利が上がると予想していますか?
上で試算すると、5年後に金利が1%上昇した程度では、借り換えしないほうが得になりますよね。
二番目の試算でも、実際の差は22万程度の差です。繰上返済する予定なら、その差は少なくなります。

実際のところ、どれだけ金利が上がるかなんてわかりませんから。
東京オリンピックは確かに金利が上がる可能性はありますが、自分はそんなに大きな変動は全く想定しませんし、例え一時的に店頭金利が上がっても、数年で下がるでしょう。

5年後に金利が1%上昇し、完済まで下がらないというのは、自分の中ではかなり考えにくい予想、つまり最悪の状況ですが、最悪のシミュレーションでも借り換えしないほうが得。

安心感取りたいなら止めませんが、自分なら今は絶対に動きませんよ。
今の時点で変動から固定なんて、危なくてオススメはできません。

住宅ローンは苦しい?無理をしたら後悔する?の体験談3

質問

仮審査に落ちてしまいました。
北日本銀行と荘内銀行の2行ともにだめだったのです。
77銀行は我が家との相性が悪く通らないだろうからと営業の方にいわれ審査だしていません。
(ちなみに感じのよかったこの営業さんは先日会社をやめました…疑問が残ります)引き継ぎはきちんとしていて新しい営業の方から仮審査落ちた理由はわからないと言われたのです。

次にフラット35Sで申し込みをしようと話になりましたがこんな状況で通る可能性はあるのでしょうか?
不安です。

勉強不足でいまさら過去を後悔しても仕方ないので、今からのことを考えてみたいのですが……。

主人年収430万 勤続3年半 飲食店店長(正社員)
頭金0
もしあと少しで諦めるならと両親から援助金として300万までならと言われていますができる限り自分たちだけでと考えたので頭金はなしで仮審査を申請しました。

銀行のフリーローン残60万自動車ローン残高35万
NICOSカード家電購入ショッピング残高6万キャッシング12万で借金総額約120万。
毎月の電気代やETCなどの引き落としにANAカード使用、これが引き落とし日に残高不足で再度10日くらい後の指定日に引き落とされたことが過去に何度かありました。(以前質問させて頂いたのですがやはりここがポイントでしょうか)

物件は土地込みで3200万
借金はすべて完済予定とし、3300万の借入希望でだしました。
援助金があるため減額では?それもだめと言われました。
素人の私が考えても不安要素があるくらいなので審査ともなれば厳しいのはわかるのですが、
このままつきすすむべきなのか、この建て売りを諦めて、当初の予定通りフリーローンや家電の毎月の支払いを完済した来春ころからマイホームを注文で建てるべきなのでしょうか。

減額でもだめと言われてしまったので、そもそも注文で建てれるかすら不安になっています。

回答

まずは銀行の住宅ローンですが現在他借入がない場合でも3,300万円は苦しいでしょう。

2,800万円、期間35年、審査利率4%で年間約149万円の返済で返済比率34.6%<35%ですから、2,800万円くらいが限界ですね。

次にフラット35ですがフリーローンの返済を月2万円、自動車のローンを月2万円、キャッシング月1万円で返済で考えると
3,200万円、35年、利率2.5%で年返済額が約137万円なので上記の他のローンの返済額を入れると
年返済額197万円、返済比率45.8%>35%で審査は通りませんよ。
他の借入がない場合は返済比率31.8%なので大丈夫となります。

次にカードの引落しが遅延した件ですがこれは個人信用情報をとらなければわかりません。
念のため全銀協、CIC、JICCの開示をお勧めします。

以上から今後借入を検討するなら
①個人信用情報をとり現在の債務状況やネガティブ情報がないかを確かめる。
②現在の収入では銀行ローンでもフラット35でも他債務は返済しなければいけないので全額を返済する。
③現在収入では銀行ローンでは2,800万円くらいが限界なのでそれに合わせた物件を探す。
④フラット35であれば3,500万円くらい可能であるが諸費用は自己資金で用意する(但し3,500万円の借入はお勧めしません)。

住宅ローンは無理をすると後々苦しい生活となることがあります。

せっかく幸せな生活のために購入したのに後悔してしまうのは悲しいですね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です